PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

試験日

11月16日は、マリーとモニカの日本福祉犬育成普及会試験の日でした。

どちらかと言うとJKCの競技会の試験が有名だと思いますが、

我が家は娘が介護犬、聴導犬などに興味があるもので、

こちらの試験を受けています。



モニカは、

コンパニオン・ドッグ(伴侶犬) 予備段階試験規定(CD-P)

《1》 
(A)脚側行進
  A→クランク型→B   

A地点から発進し、クランクに歩き B地点回れ右しA地点に帰る。
行きは並歩、帰りは速歩とし、出発点および終了時には必ず
脚側停座させる。


(B)8の字型        

A地点(出発地点)から発進し止る事無くA地点に帰る。
歩度審査員の指示に従い、出発時および終了時には必ず
脚側停座させる。


《2》据座および招呼

指導手は犬と対面して座らせ約3メートルはなれる。1分後に招呼し対面停座させた後に
脚側停座させる。

《3》伏臥

指導手は犬と対面して伏臥させ、約3メートルはなれる。審査員の指示により犬の左側より
後ろを廻り犬の右側に入り停座させる。犬は腰を崩さない事。

《4》立止

指導手は犬を脚側停座させたのちに発進し約10歩の所で立止を命じ、約2メートルはなれて
停止する。その後、右、左に各く1回まわり犬の正面に立ったのち犬の右側に入り
脚側停座させる。

《5》待機(3分)

犬に『待て』を命じ指導手は犬の視界から去る。犬の姿勢は立ったままでも座っても伏せていても何でも良い。3分後に犬のもとに戻り脚側停座させる。この間犬は大人しく待っていること。

《6》ハウス(3分)

指導手は犬を命令によりハウスに入れ、入り口を閉め犬の視界から去る。3分後に犬のもとに戻り入り口を開ける。この場合に指導手の指示があるまで犬は外には出てはいけない。犬はハウスから出たあと速やかに脚側停座させる。


以上がモニカが受けた試験の内容。


次はマリーの受けた試験は、

コンパニオン・ドッグ(伴侶犬) 予備段階試験規定(CD-Ⅰ)

《1》紐付脚側行進

(A) コの字型 A→コの字→B

A地点から発進し、B地点で廻り右し止る事無くA地点に帰る。
行きは並歩、帰路は速歩とし、出発時および終了時には必ず脚側停座させる。

(B)8の字型        

A地点(出発地点)から発進し止る事無くA地点に帰る。
歩度審査員の指示に従い、出発時および終了時には必ず
脚側停座させる。
 
《2》紐なし脚側行進

実施要領は《1》と同じ、また視符、声符は紐付、紐なしとも6回以内とする。


《3》停座および招呼

指導手は犬を脚側停座させた後に5歩歩き停座させ10メートル前進し廻れ右し対面する。
約1分後指示により招呼、犬を前面停座させた後に指示により脚側につける。

《4》伏臥 および招呼

指導手は犬を脚側停座させ指示により「伏せ」を命ずる。(この時指導手は直立姿勢)
犬が伏臥した後、10メートル前進し回れ右し対面する。約1分後、指示により招呼、
犬を前面停座させた後に指示により脚側につける。

《5》立止

指導手は犬を脚側停座させ、指示により10歩歩いた所で立止させ、止まることなく10メートル前進し廻れ右して止まる。指示により犬のもとに戻り左側から犬の後ろを廻り右側に入り、指示により停座させる。

《6》物品運搬

A→クランク→B

指導手は犬を脚側停座させ、指示によりダンベルを銜えさせA地点から脚側行進にてB地点まで廻れ右をして、いったん止まり脚側停座させる。指示により再び脚側行進でA地点に戻り回れをして止まる。指示により指導手は犬の前に位置し「出せ」の命令でダンベルを受け取った後犬の右側に入る。
ダンベルの重さは中型犬以上にあっては450グラム以上、小型犬にあってはその大きさにより摘宣とする。ダンベルの素材は木製、金属製、硬質のプラスチック製とする。

《7》休止(5分)

犬に休止を命じ指導手は視界から去る、5分後に犬のもとに戻り指示により脚側につける。


《8》ハウス(5分)

指導手は5メートル以上離れた所より命令にて犬をハウスに入れ、入り口を締め視界から去る。
5分後に犬のもとに戻り入り口を開け5メートル以上離れる。この場合に指導手の指示があるまで犬は外に出てはならない。犬がハウスから出たあと速やかに脚側停座させる。


《9》据座

指導手は犬に待座を命じ15メートル離れる。1分後に数人の人が犬のまわりを約1分位犬の名前を呼んだりして歩き廻る、指導手はこの人達が去った後に指示により左側より犬後ろを廻り脚側停座の位置に入る。

《10》障害飛越

指導手は障害物の前に脚側停座させ、命令により飛越させ、その直後に立止を命じる。
指示により指導手は犬のもとに左側から後ろを廻って右側に入り脚側停座させる。

以上がCD-Ⅰの内容です。
マリーの場合殆どリードなしでした。

この日は画像は撮ることができません。
娘は、自分の勉強も忙しい時期があり久々のマリモニの試験でした。
マリーはCD-Pを前に合格しているので娘も楽しく出来たそうですが、
モニカは中途半端で私が投げ出し、ちょっと心配でしたが、
マリモニの頑張りで合格しました。
まだ、賞状は届きませんが、よかったと思います。

こんな試験もあると知っていただきたいと思い書きました。

| 家族 | 10:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marymonica.blog7.fc2.com/tb.php/53-7dbbcea6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。